スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それは許されへん

子どもに何か教えんのってむいてへんのかなーってたまに思う。(たまにかい!)






一応俺の考えとしては、

子どもやからいうて理解したくないかもしれへんけど、

子どもやからいうて理解でけへんことはそんなないと思ってるから、

子どもでも平等に扱いたい。

その代わり権利も平等に与えてあげたい。責任は大人がとればええから。



自分もまだ子どもやからムキになってまうってのもあるんやろうけど...。








少なくとも俺は小さいころそう思ってた。


ただええ子でおりたいだけやったかもしれへんけど、

理解したくないことでも、まぁしゃーない思て理解したし、

そん代わりすることするから好きにやらしてもらうで。って。


















でも許されへんもんは許されへん。









たとえ色んなことボリビアに慣れてフニャチンなってきてても。




「まだ子どもやから言うて聞けへんくてもしゃーないなー」はでけへん。

「ここの国なんて特にそんなもんやろ」はでけへん。



みんな他の子どもは聞いてるのにそいつだけ特別扱いなんて許されへん。

やることやった上で態度が悪いのはええけど、

やることもやれへんのに口先ばっかで逃げるやつは大嫌いや。



なんで子ども相手にここまでムキになれるか自分でもようわからんし、

書いてて「相手子どもやろ?」って自分でも思うから恥ずかしい気もするけど










ちゃうやろ。










子どもやから許したらアカンのやろ。



大人は言うてももう聞けへんやろうし、

それなりにボリビア人だって飯食うために頑張ってる。


そら言いたいこといっぱいあるけど、マジで頑張ってるんやし見習うとこもあるんやし

まぁやることやってるんやし、しゃーないなーって大人には思ってええんちゃうかな?

(それでも一緒になって何かを変えてくのが俺らボランティアの仕事ですが...)








「鉄は熱いうちに打て」









やないけど、そこを折れたらどこで勝負すんねん!




そう思います。







だから嫌われようと何しようと(ホンマはイヤやけど)

説明して教えてあげつづけるのが勝手に使命やと思ってる。

今は変なヤツが変なこと言うてる思われてても(それもイヤやけど)

子どもころ言われてわかれへんかったことが、

大人になってからわかることもいっぱいあるし。







でもなーホンマに問題なんは、俺なんていうんやろ、尊敬されてないねんよなー

やっぱどっかで俺のこと外人やとチノやと子どもですら思ってるし、

俺よそもんやから、教えても耳がない子もおる。



もちろんちゃんと慕ってくれてて、言うことちゃんと聞いて、

技術面も態度面も育ってる子どももおる。



でも、たった一人、

まぁムキになって相手する俺が結論悪いんかもしれへんけど、

たった一人俺の言うことなんてハナからバカにして

理解したがれへんやつがおるだけで、

めちゃくちゃ状況悪なんねんよね...(俺が相手するからやけど...)






  みんな負けたチームの選手は片付けやってるんやから、

  お前も自分の分の三角コーン2個運ばなあかんで。


  お前だけ特別持ってかなくていいなんてでけへんで。



  たとえ次にマーチングバンドの練習があっても

  三角コーン片付けるのなんてほんの30秒やろ?







あーやっぱ思い返せば思い返すほど、そんなムキになることかー?思うわ。
(どないやねん!)



普段教えてるサッカーのグラウンドから、

その子があると言ってるマーチングバンドの練習をする学校まで

その子が運ぶべき三角コーン2つ持ってついてったったもん。


案の定そんな練習なんて無かって、




「ほらやっぱ嘘やん!!!!俺勝った!」(程度低っ!)






思ったけど、

やっぱりどうしてもやわらかウンコな大人をつくるわけにはいけへんねんて!


ここは戦っていこう!




日本みたいにコーチの言うことは聞く。コーチはすごいから聞く。

みたいな環境はないけど、

環境揃うのなんて待ってたら協力隊できんのや!


結局その子には見事になんも残らんかもしれへんけど、

戦うねん。


チノはチノでも黒いチノや!なめんな!!






スポンサーサイト
プロフィール

イサオ

Author:イサオ
テンション高め、声大きめ、
第一印象強めの地黒1984年5月4日生まれ。

5歳からやっているサッカーが趣味で特技。
ボール蹴らないと死んじゃう病。
ヘタクソでももちろんプロを目指した。


他の趣味は映画鑑賞と読書。
愛読書は「Good Luck」
(著:アレックス・ロビラ、フェルナンデス・トリアス・デ・ペス)。




2009年3月27日から青年海外協力隊として
2年間ボリビアにて子供にサッカーを教える。
市運営のサッカー教室をクラブチームに引き上げた。

帰国後2011年6月1日より
1年ベンチャー企業での勤務を経て

2012年11月より
NPO法人G-netにて勤務。
職員として働きつつも、
個人で、中学・高校へ出前講座や
仲間で、柳ヶ瀬活性化を目指すイベント
「夜空カフェ」の企画運営を行う。



「世界を仲間と変えたい!」

「夢で溢れる世界をつくりたい!」


それが夢。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。