スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進むこと

みなさまお疲れ様です。

イサオです。



ピークがきたのか、先々週末手が止まった。




今やっていることはすべてがつながってて、

今やってるのは仕事だけど、

自分にとって毎日すべきことをやることに

意味がある。


それを積み重ねていくんだって思ってたのに、

まったくできなくなって自分でも訳がわからなくなった。



「なんとなく」で物事進めることは前からできなくて、

いつもはやってることが「なんとなく」になってくると

手が止まっても、

見直して、納得して、前に進むことができたけど、



今回は、今やってることは明確に必要なことで、

全部つながってるのも納得してるのに

しかも、大事な時期で手なんて止めてる場合じゃないから、



「あれ?」


ってなった。




結局混乱は収束したけど、

それがどうしてなのかハッキリしないし、

それを解決する手立てもいまんとこ見つかっていない。


単純にペースの問題もあるかもしれないけど、

きっとそれだけじゃない気がする。





少し前から、ある人が気づきをくれたのもあって、

考え方の転換というか、

認識の仕方を変えな、これ以上進めへんのじゃないかなー

っていう感じがしてる。



もちろん一生懸命やってることは裏切らないし、

自分の中に積み重なっていくんやろうけど、

それじゃあ一生結果でぇへんのと違うかなーって。



頑張ること≠結果がでること


ももちろんそうだし、



頑張ること≠成長すること


も、そうなのかなーって。



頑張れるとこまではきっと誰でもやってると思う。


その先のは心構えなのかな…



結局答えはでてなくて、

なんとなく掴みかけてる気はするけど、

その目からウロコ的な考え方がなんなのか、

どういう認識をすればいいのか、


その心構えってどんな心構えなのかがわからない。



見えてきてるし、文章にできないだけで

なんとなくはわかってるんやけどね笑


ただ結論づけると都合の悪いこともあるから

やっぱり今できる最大限でできる限りをやる。


そんな答えにしとこうと。



他人には見えもせず理解しがたいにしても、

「空(じゆう)」になることで自分自身を乗り越える。
-下記より引用。





空(くう)という自由 (超訳 ブッダの言葉 小池龍之介 編訳)


お金や物を増やすことに執着せず、

自らにとって最適な食事の量を意識のセンサーでビシッと認知して

食べ過ぎぬゆえに身体は軽く、

心が縛られることなく、どこまでも「空(じゆう)」となるならば、

その自由は無色透明で他人には見えにくいもの。

あたかも空を自由に飛ぶ鳥の飛んだ軌跡(ルート)は透明で

目に見えぬのにも似て、

他人には見えもせず理解しがたいにしても、

「空(じゆう)」となることで自分自身を乗り越える。

                             法句経92











スポンサーサイト
プロフィール

イサオ

Author:イサオ
テンション高め、声大きめ、
第一印象強めの地黒1984年5月4日生まれ。

5歳からやっているサッカーが趣味で特技。
ボール蹴らないと死んじゃう病。
ヘタクソでももちろんプロを目指した。


他の趣味は映画鑑賞と読書。
愛読書は「Good Luck」
(著:アレックス・ロビラ、フェルナンデス・トリアス・デ・ペス)。




2009年3月27日から青年海外協力隊として
2年間ボリビアにて子供にサッカーを教える。
市運営のサッカー教室をクラブチームに引き上げた。

帰国後2011年6月1日より
1年ベンチャー企業での勤務を経て

2012年11月より
NPO法人G-netにて勤務。
職員として働きつつも、
個人で、中学・高校へ出前講座や
仲間で、柳ヶ瀬活性化を目指すイベント
「夜空カフェ」の企画運営を行う。



「世界を仲間と変えたい!」

「夢で溢れる世界をつくりたい!」


それが夢。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。